Manufacture

Basic Function

Shank
シャンク
足のアーチを支え、体重がかかっても底に歪みを生じさせない役割
Cork Filling
コルクフィリング
適度な弾力性があり、歩行時に足が地面に着く時の緩衝材の役割。履き込むにつれて履き主の足の形に合わせて沈み、やがて履き主の足にぴったりの形状へと変化する
In Sole
インソール
靴自体の形状を整え、靴の基盤となる重要なパーツ
Out Sole
アウトソール
イタリアの革を採用。まず、アッパー、ミッドソールリブ、ウェルトを一緒に縫い付け(すくい縫い)コルクフィリングを詰めて、次にウェルトとアウトソールを縫い込む(出し縫い)。この複式縫いにより、消耗部分であるアウトソールだけを取り替えることが可能
Stitch
ステッチ
アウトソールとウェルトは接着剤を使わず糸だけで縫い上げるため通気性が良く、また、直接靴の内部まで通る縫い目が無いので比較的、耐水性も優れている
Lining
ライニング
厳選した牛革を使用
Upper
アッパー
クラストレザー、ガラスタイプにはポーランドの原皮を採用。スエードはインド原産の革を採用
Welt
ウェルト
製法の由来にもなっている、細革と呼ばれる細い帯状の革
その他
オーナメント、ジッパーは全て日本製

 

Out Sole

Italian Leather Sole (Natural Finishing)

No.502 No.503 No.601 No.602 No.605 No.606に採用

Italian Leather Sole (Color Sole)

No.610 No.615 No.616 No.617に採用

Commando Sole (Rubber)

No.611に採用

Dainite Sole (Rubber)

No.622に採用

 

Flexible Function

フレキシブル機能
レザーソールの靴を履き慣れていなくても、歩行がし易いよう、取り入れられた新機能。
コルクフィリングの中ほどにウレタン樹脂をはめ込むことで、屈曲性を増しています。
※ No.610 No.611 No.615 No.616 No.617に採用

 





PRODUCTS