NEWS

2016/01/12

革のスウォッチ

革のスウォッチ

 

企画室には、
こんなスウォッチがたくさんあります。

このラスト(木型)にはどんな革が
しっくりくるのか。
色は?種類は?
その「選択」には経験とイマジネーションが必要です。

たまに企画室にお邪魔して、
スウォッチの山を見るたびに、
「選択」することの大変さを考えさせられるのです。

数ある靴づくりの工程の中でも、
素材選びという「選択」の工程は、
すっごく優柔不断な私にとっては、
すごく大変な作業に思えてなりません。